FOLLOW US

契約延長報道のローマMFフロレンツィ、鼻骨骨折…米遠征には帯同へ

ローマとの新契約締結に迫っているとも報じられているフロレンツィ [写真]=NurPhoto via Getty Images

 ローマに所属するイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィが、鼻骨を骨折したようだ。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が19日に報じている。

 報道によると、フロレンツィは19日に行われたトレーニングでアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティと衝突。練習を切り上げて応急措置を施したが、骨折と診断された模様だ。それでも、アメリカ遠征には帯同する見通し。フェイスガードを着用し、トレーニングにも参加することとなる。

 現在27歳のフロレンツィは、ローマの下部組織出身。クロトーネへレンタル移籍で加入した2011-12シーズンを除き、7シーズンに渡ってローマでプレーしている。2017-18シーズンは左ひざ前十字じん帯断裂の大けがから復帰し、セリエAで32試合出場1得点を記録している。なお、17日付のイタリアメディア『Sky』によれば、同選手はローマとの新契約締結ですでに合意に達している模様。新たに2023年までの5年契約を結ぶとみられている。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA