2018.07.06

サッスオーロ、K・P・ボアテング獲得を発表…3季ぶりにセリエA復帰

ケヴィン・プリンス・ボアテング
サッスオーロ移籍が決定したK・P・ボアテング [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 サッスオーロは5日、フランクフルトから元ガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテングを獲得したことを正式発表した。

 イタリアメディア『Sky』によると、完全移籍で3年契約を締結した模様。6日に入団会見が行われる予定となっている。同選手は、ミランに所属した2016年以来、3シーズンぶりのイタリア復帰となった。

 現在31歳のボアテングは、ヘルタ・ベルリンでプロキャリアをスタート。その後、トッテナム、ドルトムント、ポーツマスを経て、2010年夏にジェノアに加入。すぐにミランにレンタル移籍し、翌年には完全移籍を果たした。

 13-14シーズンにはシャルケでプレーしたものの、2016年1月には古巣ミランへと戻り、16-17はラス・パルマスでプレーしていた。昨シーズンは長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトで、リーグ戦31試合に出場して6得点1アシストをマークした。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る