2018.07.04

【コラム】新シーズンへ向け積極補強を続けるローマ、その裏で抱える問題とは

ローマ
ローマは積極的な補強で強化を図っている [写真]=Getty Images
イタリア・ジャーナリスト協会会員。ミラノ在住。

 ローマが夏のメルカートで着々と選手の獲得を続けている。

 早い時期に元オランダ代表FWパトリック・クライファート氏の息子、19歳のFWジャスティンを推定移籍金1800万ユーロ(約23億4000万円)で迎え入れた。下部組織から育ってきたアヤックスとの契約満了を受け、代理人のミノ・ライオラ氏が素早く仕事をした。そして、いずれはイタリア代表を背負うのではないかと期待のかかるMFブライアン・クリスタンテを2000万ユーロ(約26億円)でアタランタから、またパリ・サンジェルマンからはアルゼンチン人MFハビエル・パストーレを2500ユーロ(約32億5000万円)で獲得した。

 このほかにもインテルからイタリア人DFダヴィデ・サントン、ボローニャからはベテランのイタリア人GKアントニオ・ミランテが加入。エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督としては、サッスオーロ時代の教え子であるイタリア人FWドメニコ・ベラルディも欲しいところだ。

 ただ、ローマのメルカート戦略はすべてが順調に進んでいるわけではなく、いくつかの問題も抱えている。

 まず、スポーツ・ディレクターのモンチ氏はそろそろ“売り”に出す選手について、スピードを上げていかなければならない。元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(→インテル)を売却したことで移籍金3800万ユーロ(約49億4000万円)が入ってきているが収支はマイナスで、できるだけゼロを目指すべきだろう。放出リストにはブラジル人DFホアン・ジェスス、同DFブルーノ・ペレスらの名前が挙がっている。

 もう一つの問題はレアル・マドリードやチェルシーからもオファーがあるブラジル代表GKアリソンの去就だ。同選手には昨シーズン終盤から国外の複数クラブが興味を持っているといわれ、ジェームス・パロッタ会長がナーバスになっていた時期もあった。放出する場合はナインゴラン以上の移籍金となる見込みで、クラブとしては大金を得るチャンスではある。しかし、セリエAとチャンピオンズリーグを戦っていかなければならないローマとしては、アリソンなしのチーム作りは考えにくいのも事実だ。

 そしてもう一人、2019年に契約が切れる右サイドバックのイタリア代表DFアレッサンドロ・フロレンツィの去就も問題だ。契約更新か移籍か。クラブ側は現在の250万ユーロ(約3億2500万円)という年俸のキープを望んでいるが、フロレンツィ側は300万ユーロ(約3億9000万円)以上の額が妥当だとしている。モンチ氏とフロレンツィの代理人アレッサンドロ・ルッチ氏による直接の話し合いはまだ実現していない。しかし、1週間以内にチームは始動する。合宿に入るまでに解決し、選手にはすっきりとした気分でトレーニングに臨んでもらいたいものだ。

文=赤星敬子

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング