FOLLOW US

W杯出場逃した強豪対決はドロー…イタリア、土壇場でオランダに追いつかれる

イタリア対オランダ [写真]=Getty Images

 6月4日、国際親善試合でイタリア代表とオランダ代表が対戦した。

 試合はイタリアが主導権を握る。2分、右サイドからのFKにアンドレア・ベロッティが合わせ、ゴールネットを揺らした。しかしこれはオフサイド判定。ゴールは無効となった。続く32分、スルーパスに抜け出したベロッティが右足シュートを放つが、これはオランダのGKヤスパー・シレッセンがきっちりセーブ。42分には、ジョルジーニョの浮き球パスで抜け出したシモーネ・ベルディがゴールを狙うが、ボールは枠から外れた。イタリアが攻め込むものの決めきれず、前半はスコアレスで折り返す。

 後半開始同時にオランダはダリル・ヤンマートを右サイドに投入。すると、オランダがヤンマートの右サイドを中心にチャンス作る。しかし、先制に成功したのはイタリアだった。67分、キエーザが右サイドからクロスを供給。すると、63分に途中交代で投入されたばかりのシモーネ・ザザがゴール前で滑り込みながら押し込んだ。

 試合はイタリアペースになるかと思われたが、ゴール直後の69分、イタリアのドメニコ・クリシートが一発退場を受けると、オランダがペースを握る。そして試合終了間際の88分、右サイドからのクロスをネイサン・アケがヘディングシュートを叩き込み、オランダが土壇場で追いついた。

 その後試合は動かず、W杯出場を逃している強豪対決は1-1ドローに終わった。

【スコア】
イタリア代表 1-1 オランダ代表

【得点者】
1-0 67分 シモーネ・ザザ(イタリア)
1-1 88分 ネイサン・アケ(オランダ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA