FOLLOW US

インテル、サントンと契約延長か…理由はUEFAのレギュレーション?

インテルの下部組織出身のサントン [写真]=Getty Images

 インテルが、イタリア人DFダヴィデ・サントンの契約更新の可能性があると、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が3日に報じている。

 サントンは2017-18シーズンのセリエAで15試合に出場も、低調なパフォーマンスに終始し、サポーターからも不満の声が上がっていた。それだけに、今回の契約更新報道は多少驚きをもって伝えられている。

 契約更新の理由としては、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を得たインテルが、UEFA(欧州サッカー連盟)のレギュレーションをクリアしなければならないためとみられている。

 現在27歳のサントンは、インテルの下部組織出身で、下部組織出身選手をベンチ入りさせなければならないUEFAの規定に対処するための対策として、インテルはサントンをレギュラーに留めたい構えのようだ。左右どちらのサイドバックもこなせることも限られたベンチ入りメンバーを有効的に活かすことができると考えられているという。

 また、もう一つ契約更新の可能性としてあげられているのは、現在2019年6月30日までとなっている契約を2021年6月30日まで延長し、移籍金を吊り上げることを目的としたものと予想されている。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA