2018.05.25

ユーヴェ、PSGのラビオを狙う…バルサやプレミア勢との争奪戦をリードか

ラビオ
ユヴェントスからの関心を報じられたラビオ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス人MFアドリアン・ラビオの獲得を狙っているようだ。イタリア紙『トウットスポルト』が24日に報じた。

 ラビオは2018 FIFAワールドカップ ロシアのフランス代表メンバー23名から外れ、予備登録リスト入りは拒否した。報道によると、同選手は複数クラブからすでにオファーを受けているようで、ユヴェントスも交渉を進めている模様だ。バルセロナやプレミアリーグのクラブも獲得に乗り出しているものとみられるが、ユヴェントスが争奪戦を一歩リードしている状況だという。

 ラビオは1995年生まれの23歳。パリ・サンジェルマンの下部組織出身で、2012年からトップチームでプレーしている。今シーズンのリーグ・アンでは32試合出場1得点を記録。現行契約は2019年6月30日までとなっているが、契約更新には至っていない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る