2018.05.15

イタリア、マンチーニ監督の就任発表! 代表チームの指揮は自身初

マンチーニ
イタリア代表の監督就任が決まったマンチーニ氏 [写真]=MB Media/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イタリアサッカー連盟(FIGC)は14日、ロベルト・マンチーニ氏が同国代表の指揮官に就任すると発表した。

 イタリア代表は2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選で敗退し、60年ぶりに本大会出場権を逃した。予選で指揮を執っていたジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督を解任後、U-21代表を率いていたルイージ・ディ・ビアージョ氏が暫定的に指揮を執っていた。

 マンチーニ監督は現在53歳。フィオレンティーナやラツィオでの指揮を経て、2004年からはインテルを率いてセリエAで3連覇を達成した。2009年から指揮を執ったマンチェスター・Cでもプレミアリーグ制覇を経験。以後はガラタサライとインテルの指揮官を歴任し、今シーズンはロシア・プレミアリーグのゼニトを率いた。イタリア代表の指揮官就任が有力視される中、今月13日にゼニトとの契約解除が発表。そして今回、FIGCが正式発表に至った。

 初めて代表チームの指揮を執ることが決まったマンチーニ監督。14日の発表では契約期間は明かされていない。同監督は15日に記者会見に臨む予定となっている。

 イタリア代表は5月28日にサウジアラビアとの国際親善試合を実施。同試合がマンチーニ体制の初陣となる。さらに来月1日にはフランス代表、4日にはオランダ代表との国際親善試合を控えている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る