2018.05.09

現役引退のピルロ氏、イタリア代表のコーチに就任か? 「いい仕事ができるはず」

ピルロ
現役を引退したピルロ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 昨年11月に現役引退を表明した元イタリア代表MFアンドレア・ピルロが、イタリア代表のコーチに就任する意欲を示している。イギリスメディア『スカイスポーツ』が8日付けで報じた。

 同代表として117試合に出場し13ゴール23アシストを記録したほか、2006年にはワールドカップ優勝にも貢献した。ジャンピエロ・ヴェントゥーラ前監督が解任され、後任監督が定まっていない代表チームでの仕事に対して、ポジティブなコメントを残している。

「(イタリアサッカー連盟の副会長である)アレッサンドロ・コスタクルタとは友達だ。時々会っているよ。もし一緒に仕事をする機会があったら素晴らしよね。僕はまだ若いし、これから時間をかけて考えようと思う」

「代表チームではいい仕事ができるはずさ。なぜなら、あの青いシャツは僕の皮膚になっているからね」

 イタリア代表の新指揮官には、カルロ・アンチェロッティ氏とロベルト・マンチーニ氏が浮上している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る