2018.05.08

ユーヴェ退団明言のリヒトシュタイナー、ドルトムント移籍か…ブンデス初挑戦へ

リヒトシュタイナー
2011年からユーヴェでプレーしているリヒトシュタイナー [写真]=Juventus FC/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 今シーズン限りでユヴェントスを退団する意向を表明しているスイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーが、MF香川真司のドルトムントへ移籍する可能性が高まっているようだ。ドイツ紙『ビルト』が7日に報じている。

 報道によると、リヒトシュタイナーは数日中にもドルトムントと契約を締結する見通しとなっているようだ。契約期間は1年間になるという。同選手に関しては、ドルトムントのほか、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユやMLS(メジャーリーグ・サッカー)のクラブも新天地候補に挙げられている。

 リヒトシュタイナーは6日、来シーズンの去就について「イタリア国外に行く」とコメント。今シーズン限りでのユヴェントス退団を明言した。ただ新天地については「まだどことも契約をしていないから何も言えない」と語り、不透明であることを強調していた。

 リヒトシュタイナーは1984年生まれの34歳。母国のグラスホッパーでプロキャリアを始め、リールとラツィオを経て2011年からユヴェントスでプレーしている。今シーズンはセリエA第36節終了時点で26試合に出場。ドルトムント移籍が決まった場合、自身初のブンデスリーガ挑戦となる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る