2018.05.07

セリエA復帰から1年で…ヴェローナが2部降格、19位フィニッシュ確定

ミラン戦ではイ・スンウ(左)が1得点を挙げたヴェローナだが、大敗を喫して降格が決まった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第36節が5日から6日にかけて各地で行われ、ヴェローナのセリエB(2部)降格が決まった。

 前節終了時点で、19位に沈むヴェローナと残留圏内の17位ウディネーゼとの差は9ポイントだった。今節、ヴェローナは勝利を収めなければ降格が決定する状況だったが、5日に行われたミランとのアウェイゲームで1-4と大敗。5連敗を喫し、セリエA復帰から1年での降格が決まってしまった。

 最下位に沈むベネヴェントは第34節を終えた時点で降格が決定。今節を終えて最下位でのフィニッシュも決まった。ヴェローナは18位カリアリと8ポイント差のため、19位でシーズンを終えることが決定している。

 降格枠は残り1つで、ラスト2試合。現在はカリアリが勝ち点「33」で降格圏に位置しているが、14位のSPALと2ポイント差、15位キエーヴォ、16位クロトーネ、17位ウディネーゼとは1ポイント差と、大混戦となっている。果たして、どのクラブが降格の憂き目に遭うこととなるだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る