FOLLOW US

ミラン撃破の翌日に…セリエA初参戦のベネヴェント、1年での降格決定

1年でのセリエB降格が決まったベネヴェント [写真]=Getty Images

 セリエA第34節が21日から22日にかけて各地で行われ、ベネヴェントのセリエB(2部)降格が決まった。

 前節終了時点で、最下位に沈むベネヴェントと残留圏内の17位クロトーネとの差は14ポイントだった。今節、ベネヴェントは勝利を収めなければ降格が決定。勝った場合でも、クロトーネが勝利を収めると残り4試合で14ポイント差のまま、逆転が不可能となって降格が決まってしまう。

 21日、ベネヴェントは敵地でミランと対戦。今シーズン、第15節で初めて勝ち点を奪った相手(12月3日のホームゲーム、2-2のドロー)とのアウェイゲームで1-0と金星を挙げた。今節での降格決定を回避する前提条件を満たし、クロトーネの結果を待つこととなった。

 しかし、ベネヴェントの望みは潰えることとなった。クロトーネは22日、ウディネーゼに2-1と勝利。86分の決勝ゴールで競り勝ち、3ポイントを積み上げた。以上の結果、17位クロトーネと最下位ベネヴェントの勝ち点差は「14」のまま変わらず、残り4試合となったため、ベネヴェントの降格が決まった。

 昨シーズンのセリエBで5位フィニッシュを遂げ、昇格プレーオフを突破してクラブ史上初のセリエA昇格を果たしたベネヴェント。トップリーグ初参戦の今シーズンは開幕14連敗と大きく出遅れ、初勝利は12月30日の第19節キエーヴォ戦まで待たなければならなかった。第34節を終えて5勝2分け26敗、勝ち点「17」にとどまり、1シーズンでのセリエB降格が決まった。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA