2018.04.14

【セリエA終盤戦】し烈な優勝争い&CL出場権争い…今節のミランvsナポリが大きな分岐点に!?

セリエA
優勝争いやCL出場権争いに注目が集まる [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 残り7試合となった2017-18シーズンのセリエA。終盤戦に入り、優勝争い、チャンピオンズリーグ(CL)出場権争い、残留争いが激しさを増している。



■優勝争い
 スクデット争いはユヴェントスナポリの一騎打ちだ。今シーズンは圧倒的な安定感を誇るナポリが長らく首位を走っていたが、同じく着実に勝ち点を積み重ねてきたユヴェントスがぴったりと追走。そして第28節終了時点でついにナポリを抜き、首位に躍り出た。

 両者の勝ち点差は「4」。34節には直接対決が予定されているほか、ユヴェントスインテル戦とローマ戦を残しているだけに、最終節までもつれる可能性も高い。ただ、ナポリは今節にミランとの大一番を控えており、この試合を落とすと逆転優勝が難しくなる状況だ。

1位 ユヴェントス(勝ち点81)
▼今後の対戦相手
サンプドリア(H)、クロトーネ(A)、ナポリ(H)、インテル(A)、ボローニャ(H)、ローマ(A)、ヴェローナ(H)

2位 ナポリ(勝ち点77)
▼今後の対戦相手
ミラン(A)、ウディネーゼ(H)、ユヴェントス(A)、フィオレンティーナ(A)、トリノ(H)、サンプドリア(A)、クロトーネ(H)

■CL出場権争い
 来シーズンのCL出場権が与えられる4位以内を巡る争いでは、3位ラツィオと4位ローマが勝ち点60で並び、1ポイント差で5位インテルが追いかけている。その下に続く6位ミランは4位まで8ポイント離れており、1試合も落とせない状況だ。

 ローマは今シーズンのCLで4強入りを果たしており、日程的にはハードになる。ただ、バルセロナ相手の大逆転劇で士気は高まっているだけに、この勢いをリーグ戦にもつなげたいところだ。一方、ラツィオはヨーロッパリーグでザルツブルクにまさかの逆転負けを喫しており、切り替えが大事になる。

 このところ調子を上げてきているインテルは最終節にラツィオとの直接対決を控えている。そこまで着実に勝ち点を積み上げることができれば、十分に4位以内を狙えるだろう。35節にホームで迎えるユヴェントスとの“イタリア・ダービー”が山になりそうだ。ミランはライバルたちの取りこぼしを願いながら、残り7戦をすべて勝つつもりで臨まなければならない。まずは直近のナポリ戦。ここで3ポイントを取ることができなければ、極めて厳しい状況となる。

《CL争い順位》
3位 ラツィオ(勝ち点60)
4位 ローマ(勝ち点60)
5位 インテル(勝ち点59)
6位 ミラン(勝ち点52)

■残留争い
 現時点で降格圏に沈んでいるのは20位ベネヴェント(勝ち点13)、19位ヴェローナ(同25)、18位クロトーネ(同27)の3チーム。このうち最下位のベネヴェントは17位SPAL(同27)との差が14ポイントと絶望的。一方、19位ヴェローナと18位クロトーネはまだまだ残留が狙える状況だ。

 この2チームが争うのは17位SPAL、16位カリアリ(同29)、15位キエーヴォ(同29)、14位サッスオーロ(同30)の4チームになりそうだ。それぞれが上位陣との対戦を残しており、最後まで激しい争いが繰り広げられるだろう。

《残留争い順位》
14位 サッスオーロ(勝ち点30)
15位 キエーヴォ(勝ち点29)
16位 カリアリ(勝ち点29)
17位 SPAL(勝ち点27)
=======降格=======
18位 クロトーネ(勝ち点27)
19位 ヴェローナ(勝ち点25)
20位 ベネヴェント(勝ち点13)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る