2018.03.29

イタリアユース世代の“登竜門”、インテルが失点『1』で8度目の優勝!

インテル
グループリーグから失点をわずか1に抑え、インテルU-19が見事大会を制した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イタリアユース世代の登竜門『トルネオ・ディ・ヴィアレッジョ』が28日までに開催され、70回目となる今大会をインテルが制した。

 インテルは2015年以来、8度目の優勝でフィオレンティーナと並び、9回の最多優勝を誇るユヴェントスとミランにあと一歩と迫っている。

 グループリーグでインテルは、パルマ、サレルニターナ、オーストラリアのAPIAに全て無失点で3連勝。

 決勝トーナメント1回戦では、プロ・ヴェルチェッリをPK戦の末に撃破すると、準々決勝でジェノアを1-0で退けた。

 グループリーグで対戦したパルマとの再戦となった準決勝を2-0で勝ち抜け、準決勝でユヴェントスを4-1で破り勝ち上がったフィオレンティーナとの決勝を2-1で制し、見事優勝を飾った。

 なお、ユヴェントスに所属するU-19クロアチア代表FWサンドロ・クレノヴィッチが6得点をマークして得点王に輝いている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る