2018.03.04

フィオレンティーナの主将が31歳の若さで急死…4日開催予定のセリエA全試合が延期

アストーリ
フィオレンティーナのキャプテンを務めていたアストーリ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 4日、フィオレンティーナに所属するイタリア代表DFダヴィデ・アストーリが急死した。31歳の若さだった。クラブの公式HPが伝えている。

 アストーリは4日に行われる予定だったアウェイでのウディネーゼ戦に先立ち、チームメイトたちと共に現地のホテルに宿泊。しかし、試合当日の朝、ベッドの上で息を引き取っていたという。

 同選手の死因は、心臓発作ではないかと言われている。この悲劇を受けて、同日予定されていたセリエAの全試合が延期されることが決まった。

 カリアリやローマでセンターバックとして活躍したアストーリは、2015-16シーズンにフィオレンティーナへ移籍。キャプテンとしてチームをけん引していた。今シーズンはリーグ戦で出場停止による1試合の欠場を除く、25試合にスタメン出場。イタリア代表として通算14試合に出場していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る