2018.03.01

ミラン、“210分スコアレス”の激闘制して伊杯決勝へ…PK戦でラツィオ撃破

ミラン
ミランがラツィオとの激闘を制し、ユーヴェの待つ決勝へ [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コッパ・イタリア準決勝セカンドレグが2月28日に行われ、ラツィオミランが対戦した。

 1月31日にミランのホームで行われたファーストレグはスコアレスドローに終わった。決勝進出を懸けるセカンドレグ、ホームのラツィオはルーカス・レイヴァやチーロ・インモービレらが先発出場。対するミランはGKジャンルイジ・ドンナルンマやレオナルド・ボヌッチ、スソ、パトリック・クトローネらが先発メンバーに名を連ねた。

 ラツィオは開始5分、インモービレが左サイドからのクロスに反応してヘディングシュートを枠に飛ばしたが、GKドンナルンマがファインセーブ。以後もラツィオの構成が続くが、決定機を活かすことができない。ミランも18分、ミドルシュートのこぼれ球に反応したクトローネが至近距離から狙ったが、相手GKに阻まれて得点ならず。前半は0-0で終了した。

 ミランは59分、ペナルティーエリア左側でパスを受けたハカン・チャルハノールが左足で狙ったが、枠を捉えられず。76分にはラツィオが右CKからチャンスを迎えたものの、得点には至らなかった。結局、90分を終えても決着がつかず。延長戦へ突入した。

 ミランは98分、チャルハノールが直接FKを枠に飛ばしたものの、相手GKに阻まれて得点はならず。前後半15分の延長戦を終えても、ゴールが決まることはなかった。ファーストレグと合わせて210分間、スコアレスという激闘に。決勝進出の行方はPK戦へ持ち越された。

 後攻のミランは1人目のリカルド・ロドリゲス、2人目のリッカルド・モントリーヴォが連続失敗。だが、3人目からは5人連続で成功した。一方のラツィオは1人目のインモービレこそ成功したものの、2、3人目のシュートがGKドンナルンマに阻まれた。そして7人目のキッカーを務めたルイス・フェリペのシュートが枠の上へ。ミランはアレッシオ・ロマニョーリが落ち着いて決め、ついに決着した。

ドンナルンマ

2本のPKを止めて勝利に貢献したドンナルンマ [写真]=NurPhoto via Getty Images

 PK戦のスコアは5-4。ミランが激闘を制し、決勝進出を決めた。5月9日に行われる決勝では、史上初の4連覇を狙うユヴェントスと対戦する。なお、次戦は3月4日のセリエA第27節でインテルとのダービーマッチを控えている。ラツィオは3日、2位ユヴェントスをホームに迎える。

勝利を喜ぶミランの選手たち [写真]=NurPhoto via Getty Images

ガットゥーゾ

ガットゥーゾ監督も喜びを爆発させた [写真]=Action Plus via Getty Images

【スコア】
ラツィオ 0-0(2試合合計:0-0/PK:4-5) ミラン

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング