2018.02.12

伊代表監督がブッフォンに復帰を懇願…ユーロ2020まで現役続行か

ブッフォン
W杯プレーオフでスウェーデン代表に敗れ、イタリア代表からの引退を表明したブッフォン [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 ユヴェントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンに代表復帰の可能性が浮上しているようだ。11日付のイタリアメディア『カルチョ・ファンページ』が、『スカイスポーツ』の報道を引用する形で伝えている。

 イタリア代表は昨年11月に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選プレーオフでスウェーデン代表に敗れ、60年ぶりにW杯出場を逃した。その試合直後に行われたインタビューで、ブッフォンは涙で声を詰まらせながら、代表からの引退を正式に表明。今シーズン限りでの現役引退も噂されているが、再びアッズーリのユニフォームを着る可能性が浮上しているという。

 報道によると、5日にイタリア代表の指揮官に就任したルイージ・ディ・ビアージョ監督が、ブッフォンの代表復帰を熱望。同代表は3月23日にアルゼンチンと、また同27日にイングランドとの親善試合を行うが、この2つのビッグマッチに向けて同選手の招集を真剣に検討しており、その意向はすでに本人に伝えられたという。

 9日にはセリエA第24節が行われ、ユヴェントスはフィオレンティーナと敵地で対戦。2-0で勝利したゲームには、ディ・ビアージョ監督が視察に訪れていた。ブッフォンの代表復帰への準備は着々と進められている様子だ。

 なお報道によると、決断までにある程度の時間が必要としながらも、ブッフォンが代表復帰を承諾する可能性は高いとされる。また、2年後に開催されるユーロ2020まで現役を続行する可能性もあると伝えられている。

 本格的な再始動を迎えるイタリア代表にとって、40歳を迎えても衰えることのない選手としてのクオリティーはもちろんのこと、ロッカールームで偉大な求心力を持つブッフォンは、招集増が見込まれる若手選手へアッズーリの精神と品格を伝承するうえでも最適な人物と言えるだろう。

 また、今シーズン終了後に正式な代表監督の招へいに動くとみられるイタリアサッカー連盟(FIGC)にとっても、ブッフォンの復帰は心強い。後任候補の1人として名前が挙がっているアントニオ・コンテ監督(現チェルシー監督)を説得するうえで、ユヴェントスと代表で長きにわたり関係を築いてきた同選手の存在は欠かせないものであるからだ。

 ディ・ビアージョ監督やイタリア国民のみならず、世界中のサッカーファンも望んでいるであろうブッフォンの代表復帰。果たして、本人はどんな決断を下すことになるのだろうか。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る