2018.02.02

ユーヴェ移籍破談のFWハンにはナポリも関心…代理人「最後の最後まで…」

ハン
ユーヴェ移籍が破談となったハンにはナポリも関心を寄せていたようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レンタル先のペルージャからカリアリへ復帰した北朝鮮代表FWハン・グァンソンの代理人を務めるサンドロ・ステンペリーニ氏が1日、ユヴェントスとの移籍交渉が行われていたことを、イタリアメディア『Tuttojuve.it』のインタビューで明かした。

 ステンペリーニ代理人は「移籍合意のためにユヴェントスとカリアリとの交渉の席に我々は着いていた。それは移籍市場の最終日だった。交渉にはトレード要員の話も出た。双方のクラブは、頭を冷静にし、もう一度話しを進めることで今回の移籍は見送ったのだろう」と、ユヴェントスへの移籍交渉が行われていたことは事実であると認めた。

 ビッグクラブへの移籍は実現こそしなかったが、「ハンはカリアリに戻れてとても喜んでいる。昨シーズン、カリアリでプレーしたときは本当にうまくいっていた。再び出場機会を奪えることを願っているよ。カリアリのトンマーゾ・ジュリーニ会長は、ハンの才能に本当にほれ込んでいる。ハンの獲得のために全力を尽くした。もしユヴェントスに移籍したとしても、カリアリとは1年半のレンタル契約を締結していただろう」と、カリアリへの復帰に満足していることも明かした。

 そして「これは強調しなければならないことだが、ナポリも関心を持っていたんだ。ユヴェントスほどのものではないがね。ユーヴェは、移籍市場が閉幕する最後の最後まで、真剣に獲得を検討した唯一のクラブだった」と、ナポリも獲得に興味を寄せていたことを打ち明けている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る