2018.01.22

インテル対ローマの上位対決はドロー決着…長友はベンチ入りも出番なし

マティアス・ベシーノ
インテルが追い付き、ドローに持ち込んだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第21節が21日に行われ、インテルとローマが対戦した。

 31分、GKアリソンのロングフィードをダヴィデ・サントンがクリアミス。ステファン・エル・シャーラウィが抜け出すと、落ち着いてゴールネットを揺らし、ローマが先制に成功した。後半に入りインテルが徐々に攻勢を強めると、試合終了間際の86分に同点弾が生まれる。途中出場のマルセロ・ブロゾビッチがクロスを送ると、マティアス・ベシーノが頭で合わせて追いついた。

 試合は1-1で終了し、上位対決はドロー決着となった。インテルの長友佑都はベンチ入りしたものの、出番なしに終わっている。

 次節、インテルはアウェイでSPALと、ローマはホームでサンプドリアと対戦する。

【スコア】
インテル 1-1 ローマ

【得点者】
0-1 31分 ステファン・エル・シャーラウィ(ローマ)
1-1 86分 マティアス・ベシーノ(インテル)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る