FOLLOW US

高校選手権の過密日程、長友佑都が改善を訴え「選手が潰れてからでは遅い」

インテルに所属する日本代表DF長友佑都 [写真]=Getty Images

 インテルに所属する日本代表DF長友佑都が8日、全国高校サッカー選手権大会の過密日程問題について自身のTwitter(@YutoNagatomo5)で言及した。

 12月30日に開幕した第96回全国高校サッカー選手権大会は10日間の激闘の末、1月8日の決勝で流通経済大柏(千葉)を1-0で破った前橋育英(群馬)が初優勝を果たして幕を閉じた。

 長友は同日に自身のTwitterで「高校サッカーの感動の裏で、決勝に上がった2校の日程見て驚いた。1週間で5試合」とコメントし、「いろいろな事情はあるんだろうけど、もう少し選手ファーストで考えてほしいな。選手が潰れてからでは遅いよ」と日程の改善を訴えた。

 なお、準優勝となった流通経済大柏の本田裕一郎監督も試合後、「人間の体は24時間開かないと回復しない。皆さんご存知なのに連戦連戦になっている。そういうのは私たちの時代で終わりにしないといけない」と改善を求めていた。

■新スパイク「PUMA ONE J(プーマ ワン J)」が登場

タフなタックルをするディフェンダーから素早いストライカーまで、全てのプレーヤーのニーズに応えることができる究極のスパイクをコンセプトに開発されたのが「PUMA ONE」。この「PUMA ONE」の高校生プレーヤーが主にプレーする人工芝や硬い土のグラウンドにも対応したメイドインジャパンの日本人プレーヤー向けモデルが登場。ぜひ、スペシャルサイトとプーマ フットボール公式アカウントで「PUMA ONE J (プーマ ワン J)」をチェック!
『PUMA ONE J』スペシャルサイトへ プーマ フットボール公式Instagramアカウントへ プーマ フットボール公式Twitterアカウントへ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA