2018.01.05

長友所属のインテル、サッスオーロFWポリターノ獲得に向けて交渉開始か

マッテオ・ポリターノ
インテルから関心を寄せられるマッテオ・ポリターノ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルが、サッスオーロに所属するイタリア人FWマッテオ・ポリターノの獲得に本腰を入れて動き出していることが分かった。イタリアメディア『FcInternews.it』が4日に報じている。

 インテルのピエロ・アウシーリオ・スポーツディレクターとサッスオーロのジョヴァンニ・カルネヴァーリ代表取締役が話し合いを行ったことが明るみに出たため、今後も移籍交渉が行われるものと予想されている。また、インテルはポリターノだけでなく、ガーナ代表MFアルフレッド・ダンカンの獲得にも関心を強めているようだ。

 現在24歳のポリターノはローマの下部組織出身。ペルージャとペスカーラでのプレーを経て、2015年夏からサッスオーロに所属し、3年目の今シーズンは、セリエAの14試合に出場し、3ゴールをマークしている。インテルのほか、ナポリも獲得に向けて積極的な動きを見せている模様。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る