2018.01.04

ダービー敗戦のトリノ、ミハイロヴィッチ監督を解任へ…リーグも10位と低迷

シニシャ・ミハイロヴィッチ監督
シニシャ・ミハイロヴィッチ監督 [写真]Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トリノのシニシャ・ミハイロヴィッチ監督が解任される運びとなったと、イタリア紙『ラ・スタンパ』が4日に報じた。

 ミハイロヴィッチ監督が指揮するトリノは、3日に開催されたコッパ・イタリア準々決勝でユヴェントスと対戦。試合は0-2で敗れ、敗退を喫している。ミハイロヴィッチ監督は同試合の66分には、失点前の判定に激怒し、退席処分を命じられていた。また、セリエAではトリノは19試合を終えて、5勝10分け4敗の10位と低迷している。

 まだ公式発表は行われていないものの、解任は確実となっている模様だ。後任には、ナポリやインテルの指揮経験があり、昨シーズンまではワトフォードを率いていたヴァルテル・マッツァーリ監督の名が浮上している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る