FOLLOW US

巻き返しを目指すレアル・マドリード、冬のメインターゲットはFWとGKか

レアル・マドリードからの関心が報じられるイカルディ(左)とケパ(右)[写真]=Getty Images

 レアル・マドリードが今冬の補強に向けて動き出しているようだ。スペイン紙『マルカ』が30日付で報じている。

 レアル・マドリードは、リーガ・エスパニョーラ第13節終了時点で首位バルセロナと勝ち点8差の4位につけている。同紙によるとレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長は、後半戦での巻き返しを図るため、アスレティック・ビルバオに所属するスペイン代表GKケパ・アリサバラガインテルのアルゼンチン人FWマウロ・イカルディの獲得を検討しているという。

 ケパとアスレティック・ビルバオの契約は今シーズン終了時で満了する。同紙は契約延長交渉が難航しており、レアル・マドリードは契約解除金2000万ユーロ(約26億円)を準備していると伝えた。

 また同氏はペレス会長がイカルディをトップターゲットとしていることも併せて報じている。今シーズンセリエA第14節終了時点で2位につけるインテルで、イカルディは14試合15得点を記録。インテル側は1億ユーロ(約130億円)もの移籍金を要求しているが、プレースタイルやチャンピオンズリーグに登録可能等の要因を考慮し獲得を目指していると伝えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO