FOLLOW US

ディバラ、ナポリとの大一番にも気負いせず「決定的な試合ではない」

大一番に臨むディバラが意気込みを語った [写真]=Getty Images

 ユヴェントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、12月1日にセリエA第14節でナポリとの一戦を控え、その意気込みを語った。イタリアメディア『Sky』が27日付で報じている。

 イタリア・サッカー協会(AIC)が発表する、2016ー17シーズンのセリエAベストイレブンに選出されたディバラは同メディアのインタビューに応え「サン・パオロ(ナポリの本拠地)での試合はスクデット(セリエA優勝)にとって決定的な試合ではないよ。長い1週間になることは間違いないし、サン・パオロでのプレーは簡単なものではないことも分かっているけれどね」と大一番にもリラックスした状態で臨むようだ。

「僕たちは最高のチームに勝つことを望んでいるよ。僕たちは成長し続ける必要がある。すべての試合で勝ちたいね」

 25日に行われたトレーニングで左手を負傷し、手術を受けたアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインについては「僕は彼と話し合ったよ。彼と一緒にいることを望むよ」と、欠場が濃厚ながらも“相棒”の出場を望んだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO