2017.11.27

7位ミラン、モンテッラ監督の解任発表…ガットゥーゾ氏が後任に

モンテッラ、ガットゥーゾ
ミランがモンテッラ監督(左)の解任とガットゥーゾ氏(右)の就任を発表 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ミランは27日、クラブ公式ツイッターにてヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の解任を発表した。後任にはプリマヴェーラ(下部組織)を率いていたジェンナーロ・ガットゥーゾ氏が就任することが併せて発表されている。

 モンテッラ監督はフィオレンティーナやサンプドリアの指揮を経て、昨年夏にミランの指揮官に就任。昨シーズンはセリエAで18勝9分け11敗、勝ち点「63」の6位に終わったが、4年ぶりに欧州カップ戦の出場権を獲得した。

 そして今シーズンは開幕前に大型補強を敢行。さらなる躍進が期待されたものの、セリエA第14節終了時点で6勝2分け6敗、勝ち点「20」で7位にとどまっている。首位のナポリとは18ポイント差、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ローマとも暫定で11ポイント差をつけられている。26日のセリエA第14節トリノ戦ではホームでスコアレスドローに終わった。ヨーロッパリーグ(EL)ではグループステージ突破を決めたものの、モンテッラ監督の解任が決まった。

 後任のガットゥーゾ氏は1999年から2012年までミランで活躍し、黄金期を築いた。現役引退後は指導者に転身し、パレルモやギリシャのクレタで指揮を執った後、ピサ(レーガ・プロ/イタリア3部)の監督に就任。2015-16シーズンにはセリエB昇格に導いたが、会長との衝突もあって辞任を発表した。翌月にオーナーが変更したことに伴って指揮官に復帰し、昨シーズンはセリエBでピサを率いたものの、1年でのレーガ・プロ降格が決定。今年5月にミランのプリマヴェーラにて監督に就任することが発表されていた。

 ミランの次戦は12月3日のセリエA第15節、最下位のベネヴェントとアウェイで対戦する。ガットゥーゾ新監督の下、浮上することはできるだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る