2017.11.27

平手打ちで一発退場…デ・ロッシが謝罪「その映像は酷いものだ」

ジェノア戦で退場を命じられたデ・ロッシ(右)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第14節が行われ、ローマはアウェーでジェノアと対戦し1-1の引き分けに終わった。一発退場を命じられたイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが、試合後に『ローマTV』のインタビューに応じた。

 イタリア人FWジャンルーカ・ラパドゥーラへの平手打ちについて振り返ったデ・ロッシは「PKが命じられた場面を話すために、インタビューに来た。言い訳することはほとんどない。申し訳なく思っている。ラパドゥーラをブロックしようとした。その場面の映像は酷いものだ」とコメント。言い訳の余地がないと謝罪した。

 さらに過去の試合で被害者となった経験もあった同選手は「ラツィオ戦ではパローロとバストスから平手打ちを我々は受けた。今日は、あのように自分が平手打ちを見舞うようになってしまった。みんなに謝りたい。本当に申し訳ない。我々は再出発しなければならない」と反省の弁を述べている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る