2017.11.27

サポーターからブーイングも…ミラン指揮官は「愛情と勇気を感じた」

ブーイングへコメントしたモンテッラ監督 [写真]=LightRocket via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第14節が行われ、ミランはホームでトリノと対戦し、0-0のスコアレスドローに終わった。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が試合後にイタリアメディア『Sky』のインタビューに応じた。

 試合内容を振り返った同監督は「チームはとても素晴らしい試合をした。継続性を持ってプレーできただけに、結果は残念でならない。0-0の結果に満足していない。今日は勝利に値する内容だった。明らかに良くなっていることが目に見えている」と言明。引き分けに悔しさを示した。

 試合後にサポーターから浴びせられたブーイングについて問われると「試合中はサポートしてくれた。お手本であったし、我々のパフォーマンスに勇気付けられたと思う。そうして90分を終えて、結果に不満があるのであれば、ブーイングは当然なもの。しかし、彼らから私は愛情と勇気を感じたよ」とコメント。サポーターのブーイングが然るべきものであったと主張している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る