2017.11.07

ディバラが現役引退のピルロにメッセージ「21番のユニフォームは名誉」

サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、現役引退を表明したニューヨーク・シティの元イタリア代表MFアンドレア・ピルロにツイッターでメッセージを綴った。

 元イタリア代表MFアンドレア・ピルロが5日、自身のSNSで現役引退を表明した。22年間のキャリアに幕を下ろした“マエストロ”に、サッカー界から続々とメッセージが送られている中、古巣ユヴェントスからはエースのディバラがメッセージを送っている。

「あなたが身にまとっていた21番のユニフォームを着ることができたことは本当に名誉です。サッカー界のマエストロであり、スーパースターであり、そしてみんなのお手本でした。ピッチ外での幸運を願っています」

 ディバラは昨シーズンまでピルロがユヴェントス時代に背負っていた背番号と同じものを着用していたことの喜びと惜別の言葉を残した。

21番を着用していたピルロ [写真]=Getty Images

昨季まで21番のディバラ [写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
レヴァークーゼン
31pt
ライプツィヒ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る