2017.11.06

テクニシャンが勢ぞろい! もっともイケてる“ウィングプレーメイカー”10名を紹介

ネイマール アザール
サイドを主戦場とする10人の選手 [写真]=Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 近年では、中央で試合を支配するより、サイドから相手をコントロールする選手が増加している。イギリスメディア『Squawka』は、現在もっともイケている「ウィングプレーメイカー」10名の選手を紹介した。

■10位 マーカス・ラッシュフォード(イングランド代表/FW)
 ジョゼ・モウリーニョ監督の元で、ラッシュフォードは純粋なFWから頼れるウィングプレーメイカーに変身した。

 卓越したスピードとパスセンスを遺憾無く発揮し、サイドライン際で相手の脅威となっている。外のラッシュフォードが警戒されることで、中央の選手たちに対するマークは薄くなる。

■9位 ユリアン・ドラクスラー(ドイツ代表/MF)
 今年の1月にパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍して以来、ドラクスラーはウィングや攻撃的MF、FWとして活躍した。

 ブラジル代表FWネイマールが加入し出場機会は減少したが、今シーズンは2ゴール3アシストをマークしている。

■8位 アントニー・マルシャル(フランス代表/FW)
 マンチェスター・Uの後半から出場する機会が多いマルシャルは、限られた時間の中で公式戦6ゴール6アシストを記録している。

 極上なドリブルスキルとテクニックを有しており、後半に勢いの衰えたチームに「喝」を入れている

■7位 トマ・ルマル(フランス代表/MF)
 左利きのルマルは、モナコで公式戦14試合1ゴール3アシストをマークしている。左サイドで相手を振り切り、中央で待っている味方へクロスを送るのが彼の仕事だ。

 中央に攻め込み、サイドバックのためにスペースを空ける役割もこなしているルマルは、フランス代表FWキリアン・ムバペが去った攻撃陣を牽引している。

■6位 ウスマン・デンベレ(フランス代表/MF)
 現在ケガで離脱中のデンベレは、バルセロナの攻撃の切り札になりうる。昨シーズンのドルトムントでは傑出したスピードで相手を揺さぶり、華麗なテクニックでいくつものチャンスを作ってきた。

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとウルグアイ代表FWルイス・スアレスとともに強力な攻撃陣を形成する日をファンは待ち望んでいる。

■5位 ベルナルド・シルヴァ(ポルトガル代表/MF)
 昨シーズンのシルヴァは、モナコで公式戦58試合11ゴール12アシストを記録した。そして彼は、ジョゼップ・グアルディオラ監督を惚れさせ、マンチェスター・C移籍を勝ち取ったのだ。

 ボールコントロールの技術や非凡なテクニック、正確無比なパススキルを的確に使うシルヴァは、現在マンチェスター・Cのスタイルに馴染んでいる途中である。

■4位 ロレンツォ・インシーニェ(イタリア代表/FW)
 セリエAで首位をひた走るナポリにとって、インシーニェは替えのきかない選手に成長した。スロヴァキア代表MFマレク・ハムシクやスペイン代表FWホセ・カジェホンらとともに強力な攻撃陣を形成している。

 素早い動きからゴールを陥れる能力、左サイドでのクリエイティビティをインシーニェは兼備している。

■3位 フィリペ・コウチーニョ(ブラジル代表/MF)
 リヴァプールが放出を拒否したために、コウチーニョはバルセロナに移籍しなかった。ネイマールをPSGに放出したバルセロナにとって、コウチーニョは今シーズンの攻撃を託しうるタレントだった。

 リヴァプールでは攻撃のスイッチを入れ、機敏な動きで相手DFを混乱に陥れている。11試合を終わったプレミアリーグで、21得点を奪っている攻撃陣を自在に操舵中だ。

■2位 エデン・アザール(ベルギー代表/MF)
 チェルシーで左サイドから中央に切れ込み、幾度となくチャンスを作っている。2013-14シーズン以降、アザール以上にドリブル突破を成功させたのはメッシしかいないという。

 一昨シーズンまでは最高峰のドリブルスキルをサイドで披露していたが、アントニオ・コンテ監督がチェルシーの監督になって以来、中央でも相手の脅威になっている。

■1位 ネイマール(ブラジル代表/FW)
 世界でもっとも高額な選手が1位に輝いた。バルセロナで披露していたスキルを、PSGでも遺憾無く発揮している。

 ドリブル突破の回数こそメッシとアザールに抜かれているが、公式戦12試合11ゴール9アシストという数字が才能の高さを証明している。

(記事提供:Qoly)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング