2017.10.27

今季低迷のトリノ、指揮官が解任の危機に…ここ5試合で勝ち点わずか2

ミハイロヴィッチ
今シーズン低迷するトリノは、ミハイロヴィッチ監督の解任を検討しているようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 今シーズンのセリエAで12位と低迷するトリノが、シニシャ・ミハイロヴィッチ監督を解任することを考慮しているようだ。イタリア紙『トゥットスポルト』が26日に伝えている。

 昨シーズンの躍進から一転して不調に陥るトリノは、ストライカーのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティを負傷で欠いているとはいえ、この5試合で獲得した勝ち点はわずか2。前節のフィオレンティーナ戦では0-3と完敗を喫した。

 このため、ミハイロヴィッチ監督に解任の噂が浮上しており、次節のカリアリ戦、第12節のインテル戦の結果次第では、それが現実となる可能性が高まっている模様だ。

 なお、後任については、今年6月にフィオレンティーナを解任されたパウロ・ソウザ氏やナポリやインテルで指揮をとったヴァルテル・マッツァーリ氏、セルセ・コズミ氏などが候補に挙がっているようだ。

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る