2017.10.20

イタリアで珍事…試合中に敵サポへ放尿した選手が5試合出場停止に

イタリア4部で選手が放尿し出場停止処分に [写真]=Corbis via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イタリアで試合中に放尿したとして出場停止処分を受けた選手がいるようだ。イギリスメディア『BBC』が19日に伝えた。

 事件が起こったのはイタリア4部・セリエDのトゥリスとサルネーゼの試合。3-3でのドロー決着となった試合のアディショナルタイムに、トゥリスの選手であるジョバンニ・リベルティがアウェイサポーターの陣取るスタンドに向けて放尿したという。

 これ受けてセリエDは18日、リベルティに対し5試合の出場停止処分を発表。「アウェイスタンドに向けて放尿し、猥褻で低俗な仕草をした」と理由を説明している。

 しかしクラブの会長はフェイスブックでこれを全面否定。「相手クラブもリベルティはそのような行為をしていないと認めている」と主張し、「近くにあった冷水機から水を飲み、ユニフォームをパンツの中に入れていただけだ」と反論している。さらに決定を不服とし、異議申し立てを行うことを明かした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る