2017.10.14

コンテ監督がイタリア復帰の噂を否定「娘が練習場近くの学校に通っている」

コンテ
イタリア復帰の噂を否定したコンテ監督 [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が、母国イタリアへの復帰の噂を否定した。イギリスメディア『イブニング・スタンダード』が報じている。

 ユヴェントスを率いてリーグ3連覇を達成した手腕を買われ、2014年8月から2年間にわたってイタリア代表の監督を務めたコンテ監督。決して前評判が高くない中で迎えたユーロ2016では、決勝トーナメント1回戦で大会2連覇中だったスペインを撃破するなど確かなインパクトを残してみせた。

 その後就任したチェルシーでもプレミアリーグ挑戦1年目でリーグ制覇を成し遂げるなど、コンテ監督は今もなお優れた手腕を発揮し続けている。そのため、イタリア代表が同監督の復帰を試みているのではないかという噂も報じられていたところだ。

 しかし、コンテ監督は「私はただ、将来のある日にイタリアに戻ってみたいと言っただけだ。翻訳が間違っていると確信しているよ。いずれその日は来るかもしれないが、今の自分の立ち位置はよく知っている。チェルシーとの契約は2年間残っているし、このクラブで選手たちと一緒に仕事ができて幸せだ。私は選手たちとこの仕事を続けていきたいよ」と話し、退団の噂を明確に否定した。

 さらに、コンテ監督は自身の家族がイングランドで生活していることにも言及。「私と家族はここにいるんだ。イタリアではなく、ね。私の娘はチェルシーの練習場の近くにある学校に通っている。重要なのは、私と家族はイタリアではなくここにいるということだ。それが真実なんだ」と、ロンドンを離れる気がないことを強調した。

 コンテ監督は、契約が満了する2019年以降もチームに留まることを検討するか問われた際にも「クラブで働くコーチのすべてが、長い間クラブに留まって何か重要なものを作り上げたいと希望しているだろう。だが、常々言っているとおり我々の仕事は非常に難しいんだ。なぜなら、仮に最高の一日を過ごしたとしても残りの日々は自分の家に留まることになるかもしれないんだからね」と語り、必要とされる限りはクラブに留まりたいという考えを示唆した。

 チェルシーはプレミアリーグ7試合を終えた段階で4勝1分2敗の4位につけており、リーグ連覇に向けた戦いを続けている。今回のコンテ監督の明確なコメントには、いち早く周囲の雑音を封じておきたいという狙いもありそうだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る