2017.09.17

インテル、終盤の2発で開幕4連勝! 長友は公式戦200試合出場達成

シュクリニアル
先制ゴールを決めたシュクリニアル [写真]=Inter/Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第4節が16日に行われ、クロトーネと日本代表DF長友佑都所属のインテルが対戦した。長友は2試合連続でベンチスタートとなった。

 インテルは29分、カウンターからペナルティエリア左に抜け出したジョアン・マリオが左足で狙ったが、シュートは僅かに枠の右へ逸れた。

 後半に入り64分、インテルはダルベルトに代えて長友をピッチへ送り出す。長友はこれでインテルでの公式戦200試合出場を達成した。

 インテルはここからゴールを目指して攻め続けたが、なかなか決定機を作り出すことができない。それでも82分に待望の1点が生まれる。左サイドからのFKがゴール前にこぼれると、反応したミラン・シュクリニアルが右足でシュート。これがゴール右下に決まり、インテルが先制に成功した。

 さらに後半アディショナルタイム2分、エリア内左でパスを受けたイヴァン・ペリシッチがDFをかわして右足のシュートをゴール右に決め、決定的な2点目となった。

 試合はこのまま2-0でタイムアップ。インテルが終盤の2ゴールで勝ち点3をもぎ取り、開幕4連勝を飾った。途中出場で200試合出場を果たした長友は左サイドの攻撃を活性化するなど、存在感を見せた。

 次節、クロトーネは20日にアタランタと、インテルは19日にボローニャと、それぞれアウェイで対戦する。

【スコア】
クロトーネ 0-2 インテル

【得点者】
0-1 82分 ミラン・シュクリニアル(インテル
0-2 90+2分 イヴァン・ペリシッチ(インテル

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング