2017.08.28

今夏SPALに加入したボリエッロ、歴代最多タイ12クラブで得点を決める

マルコ・ボリエッロ
ウディネーゼ戦でゴールを決めたボリエッロ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 35歳のストライカー、SPALの元イタリア代表FWマルコ・ボリエッロが、27日に行われたセリエA第2節、ウディネーゼ戦でゴールを決め、歴代最多タイとなるセリエAの12クラブで得点を決めた。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 ボリエッロは、2003年にミランからレンタル移籍していたエンポリでセリエA初ゴールをマーク。その後は、レッジーナ、サンプドリア、トレヴィーゾ、ミラン、ジェノア、ローマ、ユヴェントス、カルピ、アタランタ、カリアリ、そして、現在所属するSPALでゴール。同じく、12クラブでゴールを決め、2010年に現役を引退した元イタリア代表FWニコラ・アモルーゾの持つ記録に並んだ。

 また、ボリエッロのゴールは、SPALにとって、49年ぶりとなるセリエAでのゴールとなり、3-2の歴史的勝利に貢献している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング