2017.08.18

ミランCEO、イブラとの接触を認める…カリニッチ以降の補強も示唆

ファッソーネ
イブラヒモヴィッチとの接触を認め、さらなる補強を示唆したファッソーネCEO [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ミランのマルコ・ファッソーネCEO(経営最高責任者)が元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチとの接触を示唆した。イギリス紙『FourFourTwo』など複数メディアが報じた。

 17日にヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ・ファーストレグでマケドニアのシュケンディヤに6-0と大勝したミラン。その記者会見で獲得が目前とみられるフィオレンティーナのクロアチア代表FWニコラ・カリニッチについて質問を受けたファッソーネCEOは「我々は長い間、カリニッチについて交渉を重ねてきた。すでに彼とは先進的な交渉に入っている」ともう間も無く同選手がミランに加入することになると語った。

 さらに、スパルタク・モスクワへの移籍を断ったとされるフランス人FWエムバイェ・ニアンについては、「加入してくる選手たちがいるように、何人かの選手がここを出ていくように我々は求めている。(マッシミリアーノ・)ミラベッリSDもそれに取り組んでくれている」と、ニアンに限らず、何人かの選手の放出を考慮しているとした。

 マンチェスター・Uとの再契約が噂されるイブラヒモヴィッチの大輪であるミーノ・ライオラ氏との会談について問われると、「私は何も知らない。彼は私ではなく、ミラベッリSDと会った。彼とはイブラヒモヴィッチの将来について話し合ったんだ」と同選手との接触を認めた。

 最後に、ファッソーネCEOは「別の贈り物?ファンは私たちがやってきた事に満足している。だが、我々にはまだ何かが欠けている。ここ数日はそのためのチャンスを待っている。適切な機会が来たら、選手を獲得する。我々にはそれを実現する競争力があるからね」と、さらなる補強を示唆した。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング