2017.06.20

移籍市場で“ローマダービー”勃発へ…フルミネンセのU-20ブラジル代表FWに関心

リチャーリソン
フルミネンセに所属するリチャーリソン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 フルミネンセに所属するU-20ブラジル代表FWリチャーリソンに対し、ローマとラツィオが獲得に関心を示している。ブラジルメディア『フォックス・スポーツ』が20日付けで報じている。

 アメリカ・ミネイロの下部組織出身のリチャーリソンは、2016年にフルミネンセへ移籍。昨季はブラジル全国選手権1部で28試合4得点を記録した。また、U-20ブラジル代表として通算10試合3得点を挙げている。

 今月に入り昨季のリーグ王者・パルメイラスから獲得のオファーが届いたものの、フルミネンセはこのオファーに応じず。最終的に残留を選んだものの、リチャーリソン本人が移籍を望んでいることに加え、今年冬にも欧州のクラブからオファーが届いていたことから、今夏での欧州挑戦が濃厚になった。

 リチャーリソンに対しては、当初ラツィオが感心を示していたが、同都市のライバルクラブ・ローマも獲得レースに参戦する模様。リチャーリソンを巡り、移籍市場で“ローマダービー”が勃発するようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る