2017.06.16

ドンナルンマ退団決定的のミラン、後釜にユヴェントスのネト獲得か

ネト
ミランが狙っているとされるネト [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ミランは、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが退団する可能性が伝えられているが、代役としてユヴェントスのブラジル代表GKネトが加入するのではないかと、イタリアメディア『Sportitalia』が16日に伝えている。

 ミランは、ドンナルンマの契約が2018年6月30日までとなっているが、更新しないことを発表。その代役として新たなGKに、ユヴェントスからネトを引き抜くプランがあるという。ネトを獲得するにあたって、かねてからユヴェントスへの移籍の可能性が伝えられていた、イタリア代表DFマッティア・デ・シリオをトレードに入れて獲得する可能性があると見られている。また、ネトの他には、レヴァークーゼンのドイツ代表GKベルント・レノの名前も浮上しているが、現時点では具体的な交渉が行われていないとされている。

 ネトは、ユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンを支える第2GKとして同クラブに在籍する27歳。今シーズンは公式戦14試合に出場している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る