2017.06.09

ローマ新監督にサッスオーロ指揮官が就任へ…現役時代にプレーしたクラブへ復帰

ディ・フランチェスコ
昨シーズン、サッスオーロを歴代最高順位となる6位に導いたディ・フランチェスコ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ローマの新監督に、現サッスオーロ指揮官のエウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏が就任することが確実となった。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が8日に報じた。

 ルチアーノ・スパレッティ監督が今シーズン限りで退団するローマは、現役時代に同クラブでプレーしたディ・フランチェスコ氏を新監督として迎えることになったようだ。

 両クラブの幹部が会談の場を持ったようで、最終合意には至っていないものの、サッスオーロ側がディ・フランチェスコ氏との契約を解除し、ローマと契約を締結するとの見方が強まっている。同監督と1年間の延長オプションが付く2年契約を結ぶことになるようだ。

 ローマはセリエAの2016ー17シーズンを2位で終了。その後スパレッティ監督が今シーズン限りでの退団を表明。クラブのバンディエラ(象徴)であった元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティも同クラブの退団することとなっており、クラブは大きな転換期を迎えている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る