2017.05.22

本田、ミランで1番の“親友”と約束果たす! 点を取った瞬間「実は忘れていて…」

本田圭佑
ゴールの喜びに沸く中、本田はベンチのサパタの元へ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW本田圭佑が、約1年3カ月ぶりのゴールを決めた。ミランは21日、セリエA第37節でボローニャと対戦。FWカルロス・バッカに代わり58分からピッチに立った本田は、73分に直接FKを突き刺した。

 本田は22日、有料メルマガコンテンツ『CHANGE THE WORLD by KSK』を更新。「あのときは一呼吸して、安パイでいいや」と思いながら蹴ったと振り返った。

「枠外だけは避けたい」と蹴り込んだボールは、ゴール右隅へと軌道を描きながらネットに吸い込まれた。「駆け引きに勝ったら入るやろうなと思ったんで。だからコースは甘くていいやというところに、わざと置きに行ったんですよ」。ゴール後はチームメイトからもみくちゃにされながら祝福を受けた。それをかいくぐるように、本田はベンチに向かって走り出した。

「実は忘れていて。出るときに、(クリスティアン)ザパタと(ホセ)ソサが点を取ったら、『こっちに来いよ』と言っていたんですよ。でも、点を取った瞬間はうれしかったからか忘れていたんですよね。思い出して、あとで怒られるわと思って、途中でベンチの方に行ったんです」

本田圭佑

サパタは本田を抱きしめ、ゴールを祝福した [写真]=Getty Images

 チームメイトのエピソードを明かした本田。実は先月のミラノ・ダービーでは、サパタが本田に「試合前に『ゴールを奪ったらお前のところに行くから』」と宣言し、見事に有言実行していた。

「サパタとは3年半一緒におって、一番仲が良かったから。すごく喜んでいたね」

 今シーズン限りで契約満了を迎える本田は退団が有力視されている。サン・シーロでの最終戦、背番号10はゴールでファンに別れを告げた。

 その他、『CHANGE THE WORLD by KSK』では試合の感想やミランへの思いを綴っている。

※本田圭佑オフィシャルメルマガの承認を得て一部抜粋、掲載しています。著作権者の承諾なしにコンテンツを複製したり、再利用することは禁じられています。

本田圭佑『CHANGE THE WORLD by KSK』で続きを読む

こちらも合わせてチェック!
■本田圭佑オフィシャルサイト
http://keisuke-honda.com/

■本田圭佑メルマガ公式ツイッター
@KEISUKEHONDA_MM

■本田圭佑公式ツイッター
@kskgroup2017

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る