2017.05.11

モナコのグリク、ユヴェントスに不満「いつも審判助けられている」

カミル・グリク
ユヴェントスへの不満を述べたグリク [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 モナコのポーランド代表DFカミル・グリクが、ユヴェントスとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝の戦いに不満を漏らした。イタリア紙『トゥットスポルト』が10日に報じている。

 昨シーズンまで、ユヴェントスのライバルであるトリノでプレーしたグリクは「残念なことに、審判がユヴェントスを助けるということが起こった。過去にも起きたし、これからもそういったことは起きるだろう。例えば、この前のトリノ・ダービーでは、(アフリイェ)アクアーが誤って退場処分を命じられ、(シニシャ)ミハイロヴィッチ監督は、2試合のベンチ入り禁止処分を受けている」とコメント。ユヴェントスが審判に助けられて勝利を収めていると非難した。

 一方、CL準決勝セカンドレグで、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインをスパイクの裏で踏んだ行為については「誤った行為だった。頭に血が上っていた。退場に値するプレーだった」と話し、反省していることを明かしている。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
レヴァークーゼン
31pt
ライプツィヒ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る