2017.05.10

長友所属のインテル、ピオリ監督を解任…残り3試合で今季3度目の監督交代

ピオリ
インテル指揮官を解任されたピオリ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルは9日、ステファノ・ピオリ監督の解任をクラブ公式サイトで発表した。

 今シーズン残り3試合で3度目の監督解任となった。インテルは開幕直前にロベルト・マンチーニ監督を解任し、フランク・デ・ブール監督の下で開幕を迎えたが、セリエA第11節終了時点で5敗を喫するなど下位に低迷。クラブは昨年11月1日にデ・ブール監督との契約を解除し、同8日にピオリ監督が2018年7月30日までの契約で就任していた。

 ピオリ監督は就任後、一時は立て直したものの、セリエA第28節のアタランタ戦で勝利したのを最後に白星から遠ざかっていた。クラブは4月24日に指揮官への信頼を正式に表明していたが、今月7日に行われたリーグ第35節のジェノア戦で3連敗を喫して7試合未勝利となり、シーズン終盤での解任が決まった。

 後任は、デ・ブール前監督解任後にも暫定指揮を執っていたプリマヴェーラ(下部組織)のステファノ・ヴェッキ監督が今シーズン終了まで務める。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る