2017.05.08

ユーヴェが6連覇に王手…ミランとインテル敗戦、パレルモ降格/セリエA第35節

イグアイン、ジェコ、長友佑都
首位ユーヴェと2位ローマが次節で直接対決へ。ミラン、インテルが敗れ、パレルモの降格も決定 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第35節が6日から7日にかけて各地で行われた。

 首位ユヴェントスはホームでトリノとのダービーマッチに臨み、1-1のドロー。アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが後半アディショナルタイムに同点ゴールを決め、引き分けに持ち込んだ。リーグ戦のホームゲームにおける連勝記録が「33」で途絶え、2試合連続の引き分け。勝ち点は「85」となった。

 ユヴェントスを追う2位ローマは、日本代表FW本田圭佑のミランに4-1と快勝。ユヴェントスとの差を7ポイントに縮めた。本田はベンチ入りしたものの、出場機会は訪れなかった。

 首位ユヴェントスと2位ローマの勝ち点差は「7」で、残りは3試合。両クラブは次節、直接対決を控えている。ユヴェントスは勝つか引き分ければ6連覇が決定。ローマが勝った場合、残り2試合で4ポイント差に。逆転優勝への望みが出てくる。

 また、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは敵地でジェノアと対戦。0-1と完封負けを喫した。長友は先発出場したが、82分に交代している。インテルはリーグ戦7試合勝ちなしと足踏みが続き、ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の5位アタランタとの勝ち点差は「9」に開いている。

 下位に目を向けると、19位に沈むパレルモは敵地でキエーヴォと1-1のドロー。勝ち点は「20」で、残留圏内の17位エンポリとの差が「12」に開いたため、3試合を残してセリエB降格が決まった。降格枠は残り1つで、エンポリと18位クロトーネの差は4ポイントとなっている。16位ジェノアを含めた3クラブが残留争いに身を置いている。

 セリエA第35節の結果は以下のとおり。

■セリエA第35節結果
ナポリ 3-1 カリアリ
ユヴェントス 1-1 トリノ
ウディネーゼ 1-1 アタランタ
エンポリ 3-1 ボローニャ
ペスカーラ 0-1 クロトーネ
サッスオーロ 2-2 フィオレンティーナ
ジェノア 1-0 インテル
キエーヴォ 1-1 パレルモ
ラツィオ 7-3 サンプドリア
ミラン 1-4 ローマ

■セリエA第35節順位

1位 ユヴェントス(勝ち点85)
2位 ローマ(勝ち点78)
3位 ナポリ(勝ち点77)
==========CL==========
4位 ラツィオ(勝ち点70)
5位 アタランタ(勝ち点65)
==========EL==========
6位 ミラン(勝ち点59)
7位 インテル(勝ち点56)
8位 フィオレンティーナ(勝ち点56)
9位 トリノ(勝ち点50)
10位 サンプドリア(勝ち点46)
11位 ウディネーゼ(勝ち点44)
12位 キエーヴォ(勝ち点42)
13位 カリアリ(勝ち点41)
14位 サッスオーロ(勝ち点40)
15位 ボローニャ(勝ち点38)
16位 ジェノア(勝ち点33)
17位 エンポリ(勝ち点32)
==========降格==========
18位 クロトーネ(勝ち点28)
19位 パレルモ(勝ち点20)
20位 ペスカーラ(勝ち点14)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る