2017.05.01

本田の短所は“トリッキー”なプレー? 自身が挙げる課題とは

本田圭佑
前節、17試合ぶりに出場した本田(左)。クロトーネ戦では出場機会がなかった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 4月30日に行われたセリエA第34節のクロトーネ戦、ミランの日本代表FW本田圭佑に出番は訪れなかった。

 そんな時でも本田の声を聞くことができるのが、有料メルマガコンテンツ『CHANGE THE WORLD by KSK』である。今回は、ベンチから見守ったクロトーネ戦を振り返る中で、「意外性のあるプレーは難しいのか」という議論に至った。本田は次のように語る。

「意外性のあるプレーを先天的に兼ね備えている人もいます。性格が変人なゆえにとか。でも、要はトリッキーってことに近いと思うんですよね。トリッキーなプレーは、癖や習慣。トリッキーなプレーをすると、失われるものもある。トレーニングでそちら側に比重を置けば、そういうタイプになるということだと思う」

 つまりはどういう癖をつけるか。日本に“トリッキー”な選手が少ない理由の一つに、文化や国民性の反映を挙げる。「(日本人は)堅実でミスを減らす練習を、小さい頃からやっている。そこに時間を割いてきた。だからそうなる」。かく言う本田も、「トリッキーなプレーに時間を割いてこなかった」と話す。

「そういう習慣がついてないんですよ。だからうまく使いこなせているかと言ったら、あんまりうまく使いこなせていない。実は自分の短所の部分なんですよね。逆にこのゾーンに入ったら、トリッキーなプレーをした方が絶対にいい場面でも、中盤エリアと同じようなマインドでプレーしてしまうことが癖として結構あって。ラインが1つ上がって、ゴールが近くなったときはマインドを変えないとダメなんですよ、完璧に。判断能力なんですけど、そのへんは僕の課題ですね。でも、そこも今取り組んでいます」

 一方で、所属するミランには“トリッキー”な選手が多いと続け、「でも、最後のピースは監督が整えるものなんで。個性を生かすも潰すも、本当に監督の采配が大事なんですよ」と持論を展開した。

 その他、『CHANGE THE WORLD by KSK』の「REVIEW」ではミランの課題や、カルロ・アンチェロッティ監督やジョゼップ・グアルディオラ監督を例に挙げながら指導者論を語っている。

※本田圭佑オフィシャルメルマガの承認を得て一部抜粋、掲載しています。著作権者の承諾なしにコンテンツを複製したり、再利用することは禁じられています。

本田圭佑『CHANGE THE WORLD by KSK』はこちら

こちらも合わせてチェック!
■本田圭佑オフィシャルサイト
http://keisuke-honda.com/

■本田圭佑メルマガ公式ツイッター
https://twitter.com/KEISUKEHONDA_MM

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る