2017.05.01

インテル長友が敗戦後の心境を吐露…ナポリ戦は「自分のミスで負けた」

長友佑都
ナポリ戦で失点につながるミスを犯してしまった長友 [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 インテルに所属する日本代表DF長友佑都がTwitter(@YutoNagatomo5)を更新し、30日に行われたセリエA第34節、ナポリ戦でのミスについて、思いをつづった。

 長友はスコアレスで迎えた43分、ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが左から上げたクロスボールをクリアミス。背後にいたスペイン代表FWホセ・カジェホンに先制弾を許してしまう。試合はそのまま1-0で終了し、長友のミスがゲームを決する形となってしまった。

 長友は試合後、Twitterで「自分のミスで負けた。これがサッカー。1つのミスで勝敗が決まる」と自身のプレーに悔しさを滲ませつつ、「転んだら立ち上がればいい。俺はまだまだ強くなれる」と前を向いた。

 失点につながるミスを犯したが、セリエAによれば両チーム最多7回のボール奪取を記録した長友。次戦は7日、セリエA第35節でジェノアと対戦する。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る