2017.05.01

元イタリア代表のベルゴミ氏が辛辣コメント「長友のミスが試合を決した」

長友
ミスを犯してしまった長友 (右)[写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元イタリア代表DFで、現在はイタリアメディア『Sky』のコメンテーターを務めるジュゼッペ・ベルゴミ氏が、インテルがナポリに0-1と敗れたセリエA第34節の試合を総括した。

 ベルゴミ氏は「ナポリが勝った試合だった。しかし、最後には、長友のミスが試合を決した」と決勝点をアシストする形となったインテルの日本代表DF長友佑都のクリアミスが、試合を決する形となったとコメント。「インテルにとって、もっと悪い結果を予想していた。カジェホンの得点の後、インテルは大量失点を喫するのではないかと恐れた。なぜなら、ナポリはアウェーでどのチームよりも得点しているチームだからだ。今の時点では、インテルがこのような形でこのナポリに敗れることは受け入れられることかもしれない」と続け、古巣インテルが大量失点を避けて敗れたことに安堵していることを明かしている。

 インテルは、第34節終了時点で勝ち点「56」の7位。第29節のトリノ戦から6試合勝ち星のないインテルは、7日にジェノアとアウェイで対戦する。
 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る