2017.05.01

ラツィオ主将、トッティにユニを要求「サッカー界を象徴する選手」

ビリア トッティ
ユニフォームを交換したビリア(左)とトッティ(右) [写真]=AS Roma via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第34節が4月30日に行われ、ラツィオはローマと対戦し、3-1で勝利を収めた。主将のアルゼンチン代表MFルーカス・ビリアの試合後のインタビューをイタリア紙『コッリエーレ・デッロ・スポルト』が報じている。

 ビリアは「我々はこの1週間チームを鼓舞した監督のアドバイスに従い、勝利に値した。ラツィオは成長している。ただ、どのチームとも比較する必要はない。成長を望むなら、偉大なクラブから学ばなければならない。自分の契約は2018年までだ。契約更新については時機に話し合うことになるだろう」と話し、シモーネ・インザーギ監督の指導を忠実に従ったことが、勝利につながったと強調した。

 そして、2得点のスペイン人FWケイタ・バルデ・ディアオについては「うれしく思うよ。我々のアドバイスを守り、成長した。今日は試合を決めるプレーをしたね。オルサート主審? 後半、彼に話をしに行ったのは、自分がとても怒っていたからだ。もしミスを認めるのなら、受け入れよう。我々がミスを犯すように、彼もミスを犯すことはあり得ることだ」と語った。

 そして「(元イタリア代表FWフランチェスコ・)トッティには試合後、ユニフォームを要求したんだ。彼は、サッカー界を象徴する選手の一人だ。自分にとって、彼からユニフォームをもらうのは素晴らしいプレゼントさ。男としてユニフォームを要求し、彼は男として受け入れてくれた」と明かしている。

 ラツィオは7日に、サンプドリアとホームで対決する。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る