2017.05.01

長友、3戦連続先発も痛恨ミスで決勝点献上…インテルはナポリに敗れ6戦未勝利

長友佑都
ナポリ戦で3試合連続の先発出場を果たした長友佑都 [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第34節が4月30日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとナポリが対戦した。長友は3試合連続の先発出場で、左サイドバックに入った。

 5試合勝利がない7位のインテルが、7試合無敗の3位ナポリをホームに迎えての一戦。試合は主導権を握ったナポリが43分に先制する。ロレンツォ・インシーニエが左サイドからクロスを送ると、ペナルティエリア内中央で対応した長友がクリアミス。すると、背後のホセ・カジェホンがこぼれ球に反応し、ダイレクトで右足シュートをゴール左隅に決めた。

 1点ビハインドで折り返したインテルは後半に入って59分、ジョアン・マリオを下げてイヴァン・ペリシッチを投入。66分、マウロ・イカルディからの浮き球パスを、アントニオ・カンドレーヴァがボレーシュートを放つが、枠の右に外れる。

 ナポリは67分、ドリース・メルテンスがエリア内右で長友に競り勝ってボールを奪い、マイナスの折り返し。中央のマルコ・ログが右アスシュートを放つが、GKサミール・ハンダノヴィッチの好セーブに阻まれた。直後の68分には左サイドからの折り返しを、インシーニエが左足ヒールで合わせると、相手DFに当たり目の前でコースが代わるが、GKハンダノヴィッチに阻まれた。

 インテルは71分、右サイドからのクロスに、エリア手前左のペリシッチが右足ダイレクトボレーで狙うが、相手GKホセ・マヌエル・レイナにキャッチされた。後半アディショナルタイム2分には、右サイドからのクロスに、エリア内中央へ上がっていた長友がヘディングシュートを放つが、GKレイナにキャッチされ、汚名返上とはならなかった。

 試合はこのままタイムアップを迎え、インテルは0-1で敗れて6試合未勝利となった。なお、長友はフル出場している。勝ったナポリは2試合ぶりの勝利で、リーグ戦8試合無敗となった。

 インテルは次節、5月7日にアウェイでジェノアと対戦。ナポリは同6日にカリアリをホームに迎える。

【スコア】
インテル 0-1 ナポリ

【得点者】
0-1 43分 ホセ・カジェホン(ナポリ)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る