2017.04.25

トリノ会長、ベロッティの残留を強く願う「残ってくれれば嬉しい」

アンドレア・ベロッティ
会長から残留を懇願されているベロッティ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トリノのウルバーノ・カイロ会長が、今夏の去就に注目が集まるイタリア代表FWアンドレア・ベロッティについて語った。イタリア紙『トゥットスポルト』が24日に報じている。

 マンチェスター・Uなどが触手を伸ばしているとされるベロッティについて、カイロ会長は「今のところ、彼の獲得について私のところに連絡はない」と明言。獲得に名乗りを挙げているクラブがないことを明かした。さらに「(契約破棄金の)1億ユーロ(約119億円)はとても額が高いものだ。提示されないことを願っているよ。もし、我々のところに彼が残ってくれれば、私は嬉しく思う」と続け、1億ユーロの大金を得るよりも、残留を強く願っていることを強調している。

 トリノは、セリエA第33節終了時点で勝ち点48の9位につけ、次節は29日にホームで10位のサンプドリアと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る