2017.04.24

リーグ戦17試合ぶりに出場の本田、約10分間で手応えを感じたプレーとは

本田圭佑
リーグ戦で17試合ぶりに出場した本田。チームはホームで痛恨の敗戦を喫した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表のFW本田圭佑が、リーグ戦で17試合ぶりに出場を果たした。23日にセリエA第33節が行われ、ミランはエンポリと対戦。出番が訪れたのは、1-2と劣勢の87分だった。

 本田は有料メルマガコンテンツ『CHANGE THE WORLD by KSK』内で、久しぶりの出場について「あっという間に終わった」と振り返る。1点差を追いかける展開での投入に、「狙いとしては、タイミングが合えばセンタリングに入って行き、タイミングが合わへんのやったらセカンドボールを狙う。それしかなかったですよね」と話した。

 その中で、本田が「1ついい形でボールを奪えた」というのが、後半アディショナルタイム2分の場面だ。右サイドで相手3人に連続してプレスをかけボールを奪うと、ペナルティエリア内に侵入。後ろから走り込んできたMFマリオ・パシャリッチにスルーパスを供給し、好機を演出した。

「あんなにきれいに(ボールを)取れるとは思ってなかったんですけど、相手が疲れているのは分かっていたんでね。数的不利でも大げさにプレッシャーをかければ絶対にミスるなと分かっていたんで。狙い通りって言えば、狙い通りですよね」

 また、パスを選択した理由についてはこう語っている。

「シュートも考えたんですけど、同時に真後ろからマリオの叫び声が聞こえてきたんで。明らかにシュートを打つには不利やと分かったんで、あの決断をしました。あの辺が僕がFWじゃない所以かもしれないですけどね」

 7分あったアディショナルタイムを合わせ、約10分間ピッチに立った本田。『CHANGE THE WORLD by KSK』の「REVIEW」では、より詳しく自身のプレーについて分析している。

※本田圭佑オフィシャルメルマガの承認を得て一部抜粋、掲載しています。著作権者の承諾なしにコンテンツを複製したり、再利用することは禁じられています。

本田圭佑『CHANGE THE WORLD by KSK』はこちら

こちらも合わせてチェック!
■本田圭佑オフィシャルサイト
http://keisuke-honda.com/

■本田圭佑メルマガ公式ツイッター
https://twitter.com/KEISUKEHONDA_MM

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る