FOLLOW US

2試合連続先発のインテル長友、チームは5失点敗戦も「まずまず」の評価

フィオレンティーナ戦に先発出場したインテルの長友佑都 [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルは22日にセリエA第33節でフィオレンティーナと対戦し、壮絶な打ち合いの末に4-5で敗れた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』はこの試合の採点を発表。2試合連続で先発し、73分までプレーした長友には「5.5」をつけた。

 寸評では、「(クリスティアン)テージョとのバトルはまずまずだった」と、対峙したフィオレンティーナのスペイン代表FWクリスティアン・テージョとの勝負には一定の評価を与えつつ、「相手陣内では勇気あるプレーをほとんど見せられず。ヘディングのクリアミスからフィオレンティーナへのPKにつながった」と、攻撃面で脅威を与えられなかったことと、PK献上につながるミスを指摘した。

 なお、インテルの最高点は5失点を喫したものの、元スロヴェニア代表GKサミール・ハンダノヴィッチの「6」、最低点はイタリア人MFロベルト・ガリャルディーニの「4」となった。また、MOMは2ゴールを挙げたフィオレンティーナのセネガル代表FWクマ・ババカルで、採点は「7.5」がついている。

 インテルは次節、30日にホームでナポリと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO