2017.03.29

インテルのバルボーサ、代理人が去就について言及「彼はここで幸せ」

バルボーサ
インテル残留を希望するガブリエウ・バルボーサ [写真] =Getty Image
サッカー総合情報サイト

 今夏の移籍市場でリヴァプールのターゲットになると報じられているインテルのブラジル代表FWガブリエウ・バルボーサだが、本人は移籍を希望してはいないようだ。イギリス紙『サン』が29日付で報じている。

 ブラジル代表のヤングスターは2016年にインテルに移籍したが、加入以来、チーム内での序列は高くない。セリエA第29節終了時点で先発出場はなく、わずか1得点と期待に応えられていない。

報道によると、リヴァプールはバルボーサに対して興味を示し続けてきた。しかし、同選手の代理人であるワグナー・リベイロ氏は、どこのクラブにも行くつもりはないとコメントしている。

「ガブリエウはインテルのプレイヤーだ。我々がインテルと2021年までサインした時、彼の出場機会は保証されていなかった。まだ彼の評価が決まったわけではないよ」とコメント。

 さらに同氏は「ガブリエウはここで幸せさ。もっと良くなるためにハードなトレーニングに望んでいるところだよ」とインテル残留を主張した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る